週刊ベースボールONLINE
マイページ



Vol.39 寺嶋寛大[創価大・捕手]
プロ注目の大型捕手
0

東京新大学リーグで2季連続ベストナインに輝いているプロ注目の捕手だ。1年秋から正妻の座をつかみ、今年からは主将の重責を担っている。チームメートや監督から絶大な信頼を受けているが、大学選手権の準決勝で、ある“失敗”を起こしてしまう。その失敗、幕を明けたラストシーズン、そして今後について、今の胸中を明かす

小川泰弘から学んだ一球の重み

「練習やオープン戦では、たいしたことない選手。でも、大舞台に強い。特にここ一番という場面で打つんだよね」

 創価大・岸雅司監督は、寺嶋寛大を評してしみじみと言った。

 今春の東京新大学リーグ戦。最終週の東京国際大3回戦(5月26日、埼玉県営大宮球場)は、勝った方が優勝という大一番となった。0対2とリードされて迎えた8回裏、無死一、二塁の好機で四番の寺嶋に打席が回る。四番とはいえ、送りバントもありえるケース。「どうする?」と問う岸監督に、寺嶋は迷わず答えた。

「打ちます。打たせてください」

 宣言どおり、東京国際大エース左腕・氏家優悟の外角高めの直球をとらえると、同点の中越え三塁打に。この一打をきっかけに、創価大は6季連続40度目のリーグ制覇を果たした。「その前の打席で球の見方がよかったので、自信があったんです」。寺嶋は笑顔で振り返った。

 31年の指導歴で小谷野栄一(北海道日本ハム)、小川泰弘(東京ヤクルト)ら多数のプロ選手を育てた岸監督が、うれしそうに言う。

「ああいう場面で『任せたぞ』と言うと、『はい』と答える選手はたくさんいた。でも、『打ちます』と言った選手は今までにいなかったですね」


▲今春の東京新大学リーグではMVPに輝いた。打力もさることながら、154キロ右腕・田中正義[2年]や小松貴志[3年]らの好投手をリードし、チームをけん引している


 静岡・興誠高(現浜松学院高)時代には26本塁打を記録。大型で強肩強打の右打ちの捕手として、プロのスカウトも注目した。だが、寺嶋はプロ志望届を出さずに進学する。

「高卒でプロに行けるほどではなかった。創価大に行けば天狗にならずに自分を鍛えられると考えました」

 創価大では、2学年上にエースの小川がいた。1年秋から正捕手となり、小川とバッテリーを組んだ。その経験が、寺嶋を成長させる。

「小川さんから『オレは先輩捕手の狭間さん(圭太、現日本製紙石巻)に育ててもらった。今度はオレがお前を育てる』と言ってもらった。2年間でいろいろ教わりました」

 その一つが、一球の重み。試合では守備が終わると一目散に小川に駆け寄り、配球の確認を重ねた。

「小川さんは『意志のない球は打たれる』と常に言っていた。迷ってサインを出すと、あとで『なぜあの球なんだ?』と聞かれました。そうして1球1球で育ててもらいました」

 3年秋には打率.432で首位打者とベストナインを獲得した。4年生になると主将に就任。「四番・捕手」の重責と合わせてチームの要となり、春のリーグ戦ではMVPを受賞。だが、それゆえに壁にぶつかった。

試合を壊した東海大戦

 今春の大学選手権準決勝の東海大戦でのこと。敵将の横井人輝監督はこう考えて試合に臨んでいた。

「寺嶋君はとても責任感が強い。足を使って寺嶋君をゆさぶり、捕手として神経を使わせることで打席に集中させない。そうすることで創価大の歯車を狂わせるしか、勝機はない」

 守りでは、走者に足でかき回された。そのうえ、第2打席では「失敗」をする。スライダーで外角を攻められたため、「踏み込んで打とう」とホームベースに近づくと、無意識にバッターボックスを出ていた。それを審判に指摘され、「前に出るのはここまで」とバットで地面に線を引いたところ、厳しく叱責されてしまったのだ。そこから寺嶋はプレーに精彩を欠き、チームは2対7で敗れた。

「そのつもりはなかったのに、『判定が悪い』という態度に取られてしまったようで……。冷静になれなくて、試合を壊してしまった。自分のせいで負けたとしか思っていません」

 今では、はっきりとそう言える。だが、寺嶋は「ずっと自分は悪くないと思っていた」と打ち明ける。気持ちが変わったのは、8月上旬。オフに実家へ戻り、姉・良子さんと話していると、性格の話になった。そのとき、寺嶋は自分の性格が分かっていなかったことに気付いたという。

「自分の言いたいことがうまく言葉にできないし、その場を丸く収めたくて逃げてしまう。姉と話したことで、そんな自分が見えました」

 自分を見つめ直した寺嶋は、初めて東海大戦のVTRを見て反省した。

「完全に自分が悪かった。時計の針を戻せるなら、戻したい。でも、あの試合があったから、人間として変われたと思います」

失敗を糧に成長

 これまでの寺嶋は、例えば野手が打球を捕れなかったときには「今のは捕ってくれよ」という態度だった。それが今では「OK、切り替えていこう!」と声を掛けるようになったという。岸監督は、そんな寺嶋の成長ぶりを認める。

「顔つきが変わりましたね。人間は、負けたときに今まで以上のことをやろうと考えるもの。最近はいい声を掛けてチームを引っ張っています」

 ラストシーズンを前に、進路はプロ一本に絞った。

「プロは甘くない世界。そこで、どこまでできるか。打って守れる捕手として、チームの中心選手になりたいですね」

 寺嶋は目を輝かせた。

 プロのスカウトは、選手の技術だけでなく、性格も見定めている。なかには春までの寺嶋を見て「気持ちが態度に出過ぎる」と評価するスカウトもいるのは確かである。

 だが、今シーズンはひと皮むけた寺嶋の姿が見られるはずだ。秋の最終チェックで、スカウトたちの評価は上昇するに違いない。


▲2季連続でベストナインを獲得した強肩強打の大型捕手は、パスボールを防ぐためにテニスボールを使っての基礎練習も怠らない


PROFILE
てらしま・かんだい●1992年10月12日生まれ。東京都豊島区出身。184cm 84kg。右投右打。豊島区立清和小1年時に大塚スネイクスで野球を始める。小4から捕手で、小6時には全日本学童軟式野球大会に出場。巣鴨北中では中野シニアに所属。静岡・興誠高では1年秋から一塁のレギュラーで、2年秋から正捕手。3年夏は静岡県大会3回戦で敗退した。高校通算26本塁打。創価大では1年秋から正捕手となり、3年秋には打率.432で首位打者を獲得。3年秋から2季連続でベストナインを受賞し、4年春にはMVPに輝いた。


この記事に注目!



バックナンバー



西武・平井克典 “挑戦心”をあらわにする26歳右腕/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

楽天・島内宏明外野手 大きな目標に向けて/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

オリックス・吉田正尚 悔しさ糧に“できることは全部やる”/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

ヤクルト・小川泰弘投手 投手陣をけん引する存在に/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

西武・呉念庭内野手「台湾の旧正月は盛大です」/お正月
ロッカールーム
1970年1月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能