週刊ベースボールONLINE
マイページ



鈴木優[雪谷高・投手]
甲子園での革命を誓う都立No.1右腕
3

今年の東京は都立が熱い。3月21日に開幕する第86回選抜高校野球大会には、21世紀枠で小山台高が初出場する。過去に都立勢は夏の選手権へ3校(国立高、城東高2度、雪谷高)が駒を進めているが、センバツは初。同校が注目される中、2003年夏に出場経験のある雪谷高の144キロ右腕は、春を心待ちにしている。
取材・文=岡本朋祐 写真=大泉謙也




4勝で小山台高との直接対決が実現

 春季東京大会の組み合わせ抽選会が、2月23日に行われた。その結果を伝え聞いた鈴木優は真っ先に、相原健志監督の下へとやってきた。「ようやく、小山台とできます!」

 指揮官はすぐにクギを刺している。「一次予選は平気なのか? まずは、一つひとつだ!」

 雪谷高は昨秋、都大会出場を逃したため、今春は一次予選(秋季都大会出場48校は免除)からの登場。本大会へは、3試合を勝ち上がらなければならない。小山台高との2回戦(4月5日)を実現させるには、さらに1回戦突破が条件。一次予選1回戦(3月16日)は、11年に右腕・吉本祥二(現福岡ソフトバンク)を輩出した足立学園高と、初戦から気が抜けない難敵だ。しかし、鈴木は「都立No.1」の威信をかけて、はやる気持ちを抑えられない。小山台高のエースは、主将も務める139キロ右腕・伊藤優輔。2年時から「LINE」を通じて交流する良き友だが、最も身近なライバルでもある。「正直、同じ都立として(今春のセンバツ出場は)悔しさが強い。負けたくない思いは当然、ある」

 実は相原監督も、センバツ帰り初戦となる小山台高との直接対決を待ち望んでいる一人。“立場的に”先を見ることができないだけであった。雪谷高は03年夏に国立高、城東高に次ぎ、都立勢として甲子園の土を踏んだ。「選抜」とは異なり、「実力」で出場権をつかんだ誇りがある。「センバツも、初出場の都立はウチでありたいと思っていました。鈴木の代は、春の切符を取りに行けるチームだったんですけど……(苦笑)」

ブレークしたのは2年夏の3戦連続完封

 昨秋に144キロをマークした鈴木の下へは、春季都大会を前に、NPB8球団があいさつを済ませている。鈴木は「行けるものなら、勝負したい」と、高卒でのプロ入りへ意欲的だが、相原監督は手綱を締める。「まだ『仕上がりを見せてください』と言われている段階。指名とは別問題で、春から夏にかけ良いモノを見せていけば(プロも)近づくと思う」

 卒業後の進路を親身に考える相原監督こそ、鈴木が投手として飛躍した“恩人”だ。中学時代に在籍したクラブチームでは捕手。「(優勝した)区大会では走られた記憶がない」という強肩が武器だった。甲子園出場実績のある私学からは、捕手として誘いがあったというが、「ピッチャーをやりたい」思いが強かった。その意向を受け止め、投手としての潜在能力を評価していたのが相原監督。

 雪谷高は定時制があるため、平日の練習は午後4時からの90分に限られる。他校と比較すればハンディに見えるスタイルも、鈴木は「5時30分以降の過ごし方が大事になってくる。自分の努力次第で、成長する可能性が広がる」と雪谷高の魅力を感じていた。ポジションと校風、2つの判断基準と相原監督との“相思相愛”で、雪谷高へ進学したのだ。

 入学当初は投手と捕手の併用を模索していた。しかし「ハードワークになる」(相原監督)と、エースとなった1年秋の新チームから投手に専念。制球難を克服するため、テークバックを小さくし、すぐにトップを作るフォームに修正。走者がいないときもセットポジションに統一すると、ボールが上ずる悪癖も解消した。

 ブレークしたのは2年夏だ。東東京大会2回戦から3戦連続完封で、16強進出を遂げた。3試合すべて7回コールドながら、21イニング無失点で注目が集まった。二松学舎大付高との5回戦でサヨナラ負けも、3対4と互角の展開。最速141キロにカーブ、スライダー、スプリット、ツーシームを織り交ぜ29回1/3で38奪三振と、ドラフト候補へ浮上した。

驚がくの数字の数々
超高校レベルの身体能力


 鈴木が残る新チームは昨秋、本気でセンバツを狙っていた。ところが一次予選を1カ月後に控えた練習試合後、一部メンバーが無責任な行動を取ると、相原監督の逆鱗(げきりん)に触れた。「この状況が許されれば、チームワークも何もなくなる」と、苦渋の決断を下す。甲子園よりも教育を優先。一次予選は一部の主力選手を外して戦った。朋優学院高との一戦で、鈴木は延長12回17奪三振の力投も実らず、本大会を逃している。相原監督は「試練を乗り越えての春だからこそ、勝負をかけてもらいたい」と語る。

 学校まで30分かけて自転車通学し、朝7時の到着後は、外周を利用した約8キロのロードワークが日課。練習後もジムへ通い、柔軟性のある肉体を追い求めた。2月の体力測定では遠投114メートル、30メートル3.9秒、背筋225キロ、立ち幅跳び280センチとチームトップの数字をマーク。相原監督を驚かせたのは「超高校級レベル」と言う148キロのヘッドスピード。“謹慎”が解けた昨年11月の練習試合では佼成学園高に完投勝利を収め、手応えをつかんでいた。だが、相原監督は「先を見据えて」と、身体能力をより生かすため昨秋以降、フォーム改造に着手。田中将大(現ヤンキース)を参考に、左足の踏み出しを意識。「一番力が伝わる」(鈴木)と、キレのあるボールが投げられるようになった。帽子のひさしには『赤い旋風は甲子園に革命を』と書いてある。雪谷高のユニフォームは「情熱をかき集めたい」と、01年から同カラー。勝負の春を経て、11年ぶりの夏甲子園出場で、エースは「革命を起こしたい」と固く誓う。


「情熱をかき集めたい」と、雪谷高のユニフォームは01年から赤を基調としている。初出場を遂げた03年夏の甲子園は初戦でPL学園高[大阪]に1対13で大敗している


PROFILE
すずき・ゆう●1997年2月5日生まれ。愛知県出身。香流小3年時からソフトボール、4年時に東京・不動小へ転校し、不動パイレーツ(遊撃手兼投手)で野球を始める。6年時に23区大会3位。目黒四中では目黒三四中(合同チーム)でエースとして区大会優勝で都大会出場。週末はクラブチーム・目黒バックスで捕手としてプレーし、区大会優勝で都大会出場。雪谷高では1年夏からベンチ入り(背番号11)し、同秋からエース。2年夏は2回戦から3試合連続完封(7回コールド)で5回戦進出(16強)。同秋は一次予選敗退。


この記事に注目!



バックナンバー



西武・平井克典 “挑戦心”をあらわにする26歳右腕/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

楽天・島内宏明外野手 大きな目標に向けて/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

オリックス・吉田正尚 悔しさ糧に“できることは全部やる”/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

ヤクルト・小川泰弘投手 投手陣をけん引する存在に/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

西武・呉念庭内野手「台湾の旧正月は盛大です」/お正月
ロッカールーム
1970年1月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能