週刊ベースボールONLINE
マイページ



栄光のナンバー“3”継承ストーリー
ソフトバンク・松田宣浩が継承する「3」の魂 「皆が描く長嶋さん像に追いつきたい」



2

サードに対するこだわりとともに、背番号への思いも強い。願って止まなかった憧れの人の代名詞、奇しくもそれは、鷹の打者にとっても意味深いものだった。


 ソフトバンクの「3」はスラッガーの毛色が濃く映る。それを強く印象付けたのが平成唯一の三冠王・松中信彦(2000〜15年)だ。入団時は「26」を着けたが、1999年に23本塁打を放つと、球団の福岡移転後初のリーグ優勝、日本一への貢献が認められ、背番号が1ケタに変わった。その後、5度の打率3割、30本塁打、100打点突破で2000年代の強いホークスを牽引。首位打者2回、本塁打王2回、打点王3回、MVP2回をはじめ、手にしたタイトルは十指に余る。

 松中以前に着けた吉永幸一郎(98年)、松永浩美(94〜97年)、佐々木誠(89〜93年)も勝負強い打撃を誇るスラッガー。それ以前には定岡3兄弟の長男・定岡智秋、400フィート打線のトップバッター・樋口正蔵、100万ドルの内野陣で遊撃を守った木塚忠助と球史を彩る名プレーヤーも背負った。

 その「3」が今季から松田宣浩の背中に。「日本のサードと言えば長嶋さん(長嶋茂雄、元巨人)」。ミスター・プロ野球と呼ばれたレジェンドのプレーを実際に見て育った世代ではないが、その偉大さはプロ野球の世界で11年を過ごして肌で感じるものがある。「皆さんが描く長嶋さん像に追いつきたい。そういうものを求めていきたい」という思いが、入団以来背負った「5」からの変更を躊躇なく決断させた。

 15年オフ、海外FA権を行使して、海外移籍の可能性を探った。オファーはあったが、受け入れられない事情があった。それがサードのポジションへのこだわり。ユーティリティープレーヤーとして三塁以外のポジションも守ることを求めるメジャーの要求に、首をタテに振るわけにはいかなかった。

「プロで10年間、サードだけをやってきました。ポジションはサードなんです。こだわりもありますし、自信もあります。ホークスを超えて、もうね、日本のサードを守り続けたいと思っていますよ!」

 ホットコーナーは松田宣浩のアイデンティティー。その同列に背中の「3」もある。

HAWKS【背番号“3”の系譜】

定岡智秋
1976〜87年、1216試合785安打88本塁打370打点、打率.232

初安打が3ランの離れ業。堅守でチームを支えた。強肩から繰り出される送球は速過ぎて捕手が捕れないほど

佐々木誠
1989〜93年、1581試合1599安打170本塁打638打点、打率.277

独特の足の上げ方からの豪快なフルスイングが印象的。積極性あふれる打撃で、首位打者1回、最多安打2回

松中信彦
2000〜15年、1780試合1767安打352本塁打1168打点、打率.296

詰まった打球でもスタンドに運ぶパワーに、巧みなバットコントロールも持ち合わせた、鷹ひと筋の平成の三冠王

PROFILE
まつだ・のぶひろ●1983年5月17日生まれ。滋賀県出身。180cm88kg。右投右打。中京高から亜大を経て2006年大学・社会人ドラフト希望枠でソフトバンク入団。3年目に三塁のレギュラーに定着すると、11、13、15年とフルイニング出場を果たす。5度のゴールデン・グラブ賞に輝くチーム不動のサードは、13年に続き17年WBC出場。魂のこもった熱いプレーでファンを魅了する。


この記事に注目!


関連情報






関連掲示板


ソフトバンクVS中日



関連日記


はっきりいって、巨人とソフトバンクは、補




バックナンバー



着実な成長を
本誌編集長コラム
1970年1月号

パ・リーグ戦力分析 日本ハム・今季も栗山マジックで狙うは日本一連覇!
2017パ・リーグ戦力分析
2017年4月号

パ・リーグ戦力分析 ソフトバンク・V奪回への一歩、この道は10連覇に通ず
2017パ・リーグ戦力分析
2017年4月号

パ・リーグ戦力分析 ロッテ・結束のカモメ軍団が2強の牙城を突き崩す!
2017パ・リーグ戦力分析
2017年4月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能