週刊ベースボールONLINE
マイページ



あの頃はみんな若かった!!
年代別NPB現役選手&コーチ センバツ名鑑メモリー 1992年、2000年、01年、02年



1

あの選手も元・センバツ球児!現在、12球団に在籍する監督、コーチ、選手でセンバツ出場歴があるのは、実に280人を数える。そんな中から各球団1人に小社発行の「センバツ展望号」の名鑑掲載時に回答してもらったアンケートを見せ、高校時代を振り返ってもらった。


【凡例】(1)身長、体重(2)投打(3)生年月日(4)出身中学[92年]、血液型[00、01年](5)血液型[92年]、出身中学・少年野球チーム名[00、01年](6)ニックネーム[92年]、趣味[00、01年](7)趣味[92年]、野球以外の特技[00、01年](8)尊敬する人物[92年]、好きなプロ野球選手[00、01年](9)好きな球団(10)好きなタレント[92年]、尊敬する人物[00、01年](11)好きな食べ物(12)好きな言葉(13)好きなタレント(14)将来の夢※大会当時の原文のまま掲載しているため、表記に違いがあります。ご了承ください

巨人・井端弘和(コーチ) 初めて覚えた衝撃
1992年(第64回大会) 堀越高[東京]2年・遊撃手



当時のアンケート:(1)171、71(2)右右(3)50.5.12(4)神奈川・川崎市立川中島(5)B型(6)イバオ(7)読書(8)両親(9)近鉄、石井浩郎(10)小泉今日子(11)ケーキ(12)勇気(14)プロ野球選手

 僕のときは1回戦で阪神のドラフト1位投手(兵庫・村野工の安達智次郎投手)と、2回戦では巨人のドラフト1位になった松井さん(松井秀喜、石川・星稜)との対戦でした。その年の秋のドラフト会議を見て振り返ったときに、すごい人たちと対戦したんだと思いましたね。松井さんの本塁打を見たときは開いた口がふさがらず、野球をやってきて初めて覚えた衝撃でした。自分がなれるわけがないし、こういう人がプロに入るんだな、と。松井さんとはプロに入ってから会話をする機会があって「すごい選手だなと思った。覚えているよ」と言われましたけど、冗談では……?

■大会Play Back 2回戦でゴジラに被弾

三沢興一[元巨人ほか]擁する帝京が春王者に輝いた92年センバツで、2年生遊撃手として甲子園の土を踏んだ。1回戦は七番ながら2安打3打点。続く星稜戦は接戦に持ち込むも、松井秀喜[元巨人ほか]に2ランを浴びて涙をのんだ

チーム大会成績 2回戦敗退
1回戦○7-4村野工[兵庫]
2回戦●0-4星稜[石川]


楽天・松井稼頭央(外野手) 50球限定でのマウンド
1992年(第64回大会) PL学園高[大阪]2年・投手



当時のアンケート:(1)175、65(2)右右(3)50.10.23(4)東大阪市立若江(5)O型(6)なし(7)音楽鑑賞(8)両親(9)巨人、与田剛(10)瀬能あずさ(11)肉(12)球道即人道(14)プロ野球選手

 なんで好きな選手に与田剛さんと書いたのか、全然覚えてないですね(苦笑)。好きなチームは巨人やのに。センバツは苦い思い出です。秋から右ヒジが痛くて、東海大相模高戦も実は50球限定で登板したんです。でも、その前に2回1/3かな、ノックアウトを食らいました。あのときは、申し訳ない気持ちしかなかったですね。投げられないのに背番号1をもらって。だけど、甲子園のマウンドに立てたのは、すごいうれしかったですよ。天国から地獄でしたけど。3年で甲子園に出るから、土は持ち帰らないと決めていました。結局、出られなかったんですけどね。

■大会Play Back PLの「1」を背負い

名門の背番号「1」を背負うも、前年秋に痛めたヒジが完治せず、1、2回戦は登板を回避。準々決勝で満を持して先発のマウンドに立つも、高めに浮いたボールを狙われて先制点を献上。3回途中降板と苦い甲子園デビューだった

チーム大会成績 ベスト8進出
1回戦○14-1四日市工[三重]
2回戦○3-1仙台育英[宮城]
準々決勝●0-2東海大相模[神奈川]


ソフトバンク・攝津正(投手) 松坂さんは“スーパースター”
2000年(第72回大会) 秋田経法大付高[秋田]3年・投手



当時のアンケート:(1)181cm78kg(2)右投右打(3)1982.6.1(4)O型(5)秋田市立将軍野中(6)バスフィッシング、ビデオ観賞(7)サッカー(8)松坂大輔(9)巨人(10)松坂大輔(11)中華料理(12)なし(13)遠山景織子(14)幸せな家庭を作る

(選手名鑑を見て)なにこれ?若いな〜(笑)。もう17年にもなるのか……。(「好きなプロ野球選手」と「尊敬する人物」がともに松坂大輔)これは迷わず書いたな。僕にとって松坂さんは、イチサン(2学年差)のスーパースターでしたからね。(1回戦負けの)東洋大姫路との試合のことは、あまり記憶に残ってないんですよ……。あっという間に終わったな、っていう感じで。(試合時間は)1時間40分くらいだったんじゃないですかね、たしか(実際には1時間44分)。相手の投手はテンポが良かったし、僕もポンポン投げた。だから、あまり覚えてないんですよ(笑)。

■大会Play Back 当時は無名投手も

1年夏からベンチ入り、3年春にはエースとしてセンバツに出場したが、当時は注目された投手ではなかった。甲子園での最速は138キロ。2本塁打を浴び、終盤に力尽きた。その後、社会人・JR東日本東北に進み、才能が花開くことになる

チーム大会成績 1回戦敗退
1回戦●1-4東洋大姫路[兵庫]


ヤクルト・雄平(外野手) 緊張で足がフワフワ
2001年(第73回大会) 東北高[宮城]2年・投手



当時のアンケート:(1)174cm71kg(2)左投左打(3)1984.6.25(4)A型(5)神奈川・川崎市立有馬中[緑東シニア](6)寝ること(7)水泳(8)後藤伸也(9)西武(10)兄(11)スパゲティ(12)Do one's best(13)広末涼子(14)プロ野球選手

 懐かしいですね。でも、実は好きなタレントは特別なかったんです。試合前にはブルーハーツとか、ラルク、GLAY、小室ファミリーを聞いていましたね。ハード過ぎると気持ちが上がり過ぎちゃうので、いい感じの曲を聞いていたんです。試合のことは覚えていますよ。相手は関西のチームで、エースは野間口(野間口貴彦)さんでしたし、強かった。挑戦者の気持ちでいきました。すごい緊張で、甲子園の土を踏んだときから、足がフワフワしていました。憧れていただけに余計に緊張したのかも。3年生と行けてよかったですが、もう一度、甲子園で試合をしたかったですね。

■大会Play Back 初の聖地で“魔物”を味わう

3年夏に152キロをマークして注目を集める左腕も、初の甲子園は“魔物”にとりつかれた。初戦に先発すると制球が乱れ、4暴投6四球8失点。大会No.1左腕の評価を裏切る結果に。大会は「木内マジック」の常総学院が初優勝を飾った

チーム大会成績 2回戦敗退
2回戦●1-8関西創価[大阪]


中日・吉見一起(投手) 『fragile』を聞いて試合へ
2002年(第74回大会) 金光大阪高[大阪]3年・投手



当時のアンケート:(1)180cm74kg(2)右投右打(3)1984.9.19(4)A型(5)吹田市立片山中(6)音楽鑑賞(7)バスケットボール(8)松坂大輔(9)巨人(10)親(11)お好み焼き(12)あきらめない(13)持田香織(14)プロ野球選手

 持田香織さん、大好きでしたね。当時『fragile』という曲をずっと聞いていて、それを聞きながら試合に向かうのがルーティンでした(笑)。このときは人生2回目の「プロ野球選手になりたい」と思ったころで、最初は2年春の近畿大会で準優勝したときに「もしかしたら俺、プロ野球選手になれるんじゃないか」と勘違いして(笑)。センバツ大会では負けた思い出しかないのですが、いろいろなことが経験できました。近畿では簡単に抑えられていたのに、全国にはうじゃうじゃこんな打者がいるのかと力のなさを感じさせてくれた大会でした。

■大会Play Back 強打の明徳に力負け

創部20年目での初出場の原動力となったエース・吉見の前に明徳義塾が立ちはだかった。大会注目打者・森岡良介[元中日ほか]が三番に座る強豪を相手に、8回10安打7失点と力負け。流した涙をトヨタ自動車での飛躍につなげた

チーム大会成績 1回戦敗退
1回戦●4-7明徳義塾[高知]


次へ→#
この記事に注目!


関連掲示板


井端弘和



関連日記


ソフトバンク戦、現在4対0で巨人リード。




バックナンバー



着実な成長を
本誌編集長コラム
1970年1月号

ソフトバンク・柳田悠岐インタビュー 無欲な男 「ケガせずにずっと試合に出て優勝する。個人的なものは本当にありません」
注目打者インタビュー
2017年8月号

西武・秋山翔吾インタビュー 戒める男 「本塁打が出ても『違うぞ』と自分に言い聞かせる」
注目打者インタビュー
2017年8月号

ロエル・サントス(ロッテ)インタビュー 奇想天外なカリブの風──
新助っ人インタビュー
2017年8月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能