週刊ベースボールONLINE
マイページ



センバツ主役を狙うスラッガー「BIG3」
金成麗生(日大三高・内野手) 3球フルスイングの衝撃



1

取材・文=岡本朋祐、写真=大泉謙也


193センチ101キロと頭一つ抜けている金成。端正なマスクでハリウッドの人気俳優に似ていることからニックネームは『デカプリオ』。甲子園でも人気を集めそうだ

両翼95メートル中堅125メートルのフェンスをぐるっと制覇

 センバツでの目標は3本塁打。この数字は、あこがれの存在が背景にある。

「松井さん(松井秀喜、元巨人ほか)が(1992年春に)3本塁打を打っていると聞いたので、追いつきたい。あとは得点圏打率。チャンスでは必ず打つ」

 金成麗生の飛距離は、あのゴジラ以上とも言われ、伝統の強打・日大三高でも規格外だ。「中学生のころは『つまようじを持っているようだ』と言われたこともあります(苦笑)」と明かす。920グラム84センチの金属バットを191センチの金成が手にすれば、玩具に見えてしまうのも、決して大げさな話ではない。

 冬場は1.2キロのバットを1日1000スイング。2月に入り通常のバットを使うと、左中間ネット場外へ推定140メートル弾を連発。逆方向への豪快なサク越えに、日大三高・小倉全由監督も舌を巻く。

「あのパワーは今までの三高にないもの。(全国制覇した01年夏の四番だった)原島(原島正光、明大-元日立製作所)も(両翼95メートル中堅125メートルのフェンスを)ぐるっと制覇しましたが、金成も引っ張りだけではなく、ジャストミートすればどこでも放り込める。昨年の今ごろはまともに走ることもできなかった男が、今は『俺が引っ張るんだ!』という姿勢が見える。不動の四番でいきます」

“未完の大器”に可能性を感じた柔軟性

 アメリカ人の父と日本人の母を持ち、小学6年時に178センチあった。2年時に野球を始め5年間で約150本塁打。「体が大きいことも才能、と言われていましたが、努力をすればもっとよくなる」。練習を重ねようと思った矢先、中学時代は両ヒザの成長痛に悩まされる。相模ボーイズでは投手で全国大会に出場も初戦敗退と力を出し切れず、3年間、バットも湿りがち。そんな“未完の大器”に目をつけたのが小倉監督であった。

「肩甲骨が柔らかく、腕の使い方が良い。これは、化けるかもしれない、と。でも、入学式では松葉づえ。ハンドボールで足をケガしたそうなんです。ただ、すぐに打撃をさせたら、試合で使っていたかもしれない。1年間、無理をさせなかったのが良かった」

 2年生の5月に成長痛も完治し、全体メニューに合流。打撃に専念するため、2年秋の新チームから一塁手。初のベンチ入りで定位置(六番)を獲得も、秋の東京大会では3回戦まで9打数無安打と、準々決勝では先発を外れた。小倉監督から言われた。「空振りでもいいから3球、強く振っていけ!」。結果を追い求めるあまりスイングが小さくなっていた。準決勝までの1週間、ミートポイントを体に近くし、後ろ体重で軸足にためて打つよう修正。松井やDeNA・筒香嘉智を参考にした。背筋300キロ、握力は右76キロ左78キロのポテンシャルがついに開花する。

通算50本塁打と高校日本代表四番が目標

 先発復帰した日野高との準決勝。第1打席の初球、甘く入ったカーブを右翼線二塁打。「バットを振ればヒットになるんだ!」。吹っ切れた金成は第3打席で右越え3ラン。初めてクリーンアップ(五番)に入った早実との決勝では同点3ラン、9回に2点勝ち越し二塁打と、4安打5打点の大暴れ(チームはその裏に逆転サヨナラ負け)。日大三高の左腕エース・櫻井周斗(3年)から5奪三振を喫した早実の主将・清宮幸太郎とは対照的に、金成は強烈なインパクトを残した。「麗生」の由来はたくましいライオン(獅子)と、華麗に生きなさい、という2つの意味がある。高校入学後は体格と、俳優のレオナルド・ディカプリオに似ていることから『デカプリオ』がニックネーム。今では新聞の見出しにも大きく躍る。

「最初は『レオ』でしたが、名付け親の岡部仁(3年/投手)が『他人と同じ呼び方が嫌だ!』と、2年春になり急にデカプリオと(苦笑)。気に入っていますが、部内でそう言うのは数人……。外で呼ばれることのほうが多いです」

 昨年8月の新チームから11月末まで、17本塁打の量産態勢。3月8日の対外試合解禁以降に1本を積み上げ、3月12日現在で「20」とした。「50本まで行けたら、本物だと思う」と、試合の流れを変えられるアーチに、こだわりを持つ。

「松井さん、筒香さんのように左打者で日本を代表するバッターになりたい」。チームに貢献した上で「高校日本代表の四番を打ちたい」と、早実・清宮幸太郎、履正社高・安田尚憲にライバル心を燃やす。1回戦は3月19日の開幕日に、その履正社高と対戦する。

「今は一番下ですが、同級生なので負けてはいられない。いずれは上に立ちたい」

 星稜高・松井はラッキーゾーン撤去直後の92年春の開幕日初戦(対宮古高)で、2打席連続3ランを放った。3球フルスイングを貫く金成にも、甲子園で“ゴジラ以上の衝撃”を与えられるだけの技術と、スター性がある。

指揮官の目 小倉全由(監督)


「昨秋の数試合で、高校生とはここまで変わるか!と。成功体験と早実に負けた悔しさを胸に、冬を過ごしてきました。センバツではさらに『ここまで変わったか!』という姿を見せてほしい。せっかくの甲子園なので、思い切ってバットを振らせたい。3つ空振りでいい。『振れば前後(三番・櫻井周斗、五番・比留間海斗)が打つよ!』と言っています。バットが最短距離で出て、角度も良い。もともと体が大きくて存在感がありましたが、そこに自信が加わり、三高の四番の風格が出ています」


女子マネジャーによると、1食で丼9杯を平らげた逸話があるという。旺盛な食欲が規格外のパワーの源だ

PROFILE
かなり・れお●1999年7月30日生まれ。神奈川県出身。193cm101kg。左投左打。新磯小1年時から相武台レッドジャガーズで野球を始め、相陽中では相模ボーイズに在籍し、3年春に全国大会出場(初戦敗退)。日大三高では2年夏まで投手も、新チームから一塁手へコンバートされ、同秋に初めてベンチ入りし、東京大会準優勝。


この記事に注目!


関連掲示板


ゴジラ松井秀喜



関連日記


さあ、クラッシックだよん。長嶋、松井馬券




バックナンバー



着実な成長を
本誌編集長コラム
1970年1月号

広島・鈴木誠也 伝説、再び──
カープ戦士 CLOSE UP
2017年7月号

広島・大瀬良大地インタビュー もう一度、先発として 「『試合の責任の7、8割は先発』。その責任感を持ってマウンドに立ちたい」
鯉の若き右腕インタビュー
2017年7月号

知りたい!教えて! 広島・バティスタのひ・み・つ
交流戦のビッグ・サプライズ!
2017年7月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能