週刊ベースボールONLINE
マイページ



ビッグトレードの当事者が語る「1975」
張本勲[巨人]⇔高橋一三&富田勝[日本ハム]
4

1975年11月25日、当時の球界を揺るがす大型トレードが発表された。
東映・張本勲と巨人・高橋一三と富田勝による1対2のトレード。
同年、長嶋茂雄監督就任1年目に、球団史上初の最下位に沈んだ巨人は、長嶋に代わる主砲を欲していた。そこに舞い込んだ球界屈指の安打製造機の“売り”情報。
球団フロントの反対を押し切って「張本獲得」に至った経緯と、球界の盟主・巨人ゆえに抱えるトレードの悲哀を、当事者である張本氏に振り返っていただいた。

取材・構成=小林光男、新ヶ江周二郎
写真=BBM




「阪神・張本」間近だった

 1975年オフ、張本勲は1959年のプロ入り時から在籍していた日本ハム(東映・日拓)からのトレードをフロントへ直訴していた。73年に日拓から日本ハムへ身売りされたファイターズは、オーナーに大社義規、球団社長に三原脩が就任。監督は娘婿である中西太が務め、かつての「東映色」の一掃を図っていたからだ。水面下で繰り広げられていた「張本争奪戦」。ある日、阪神入団が目前に迫っていた張本の前に、監督1年目のシーズンに球団史上初の最下位という屈辱を味わった巨人・長嶋茂雄監督が現れたことで、運命は大きく変わっていった――。

 私は日本ハムを出たいという気持ちはありませんでした。ただ、親会社も代わり、球団方針として新たなチーム作りをしたいと。東映時代から在籍したベテランを外に出して、「東映色」を一掃しようとしていたのです。私の場合は大社オーナーが反対していたのですが、どうもチームの首脳陣がやりづらそうでした。そこで私から三原社長に「出してください!」とお願いをして、トレードの許可をいただいたのです。

 しかし、当時の野球協定では、選手自らが移籍先を探すことは許されていませんでした。だから、水面下で各球団の方と接触して「私を取ってくれませんか」という交渉をいくつかしましたね。1つは、ヤクルトの松園尚巳初代オーナーでした。行きつけだった銀座のバーでお会いすることが多く、話をしたら「ウチへ来いよ」と。私も行き先が決まらず非常に悩んでいた時期だったので、非常にうれしかったですね。非公式な場所ですし、結局その話は途切れてしまうのですが、その心意気がうれしかったです。

 そして、クラウンからも話をいただき「九州は少し遠いな」と考えているときに、阪神の吉田(義男)さんと連絡が取れました。吉田さんに「あと5、6年頑張りたいんです」と伝えると、「おお、分かった。話を進めるぞ」と言っていただいた。私も(兵庫県の)宝塚に70坪ぐらいの土地を買って、もう阪神へのトレードがほぼ決まりかけていました。

 そんなある日、私を支援してくださっていた後援会長のお知り合いで、長嶋さんの後援会長だった久保正雄さん(東日貿易社長、当時)に「ちょっとウチへ来んか」と言われて久保さんのお宅へ足を運びました。何の話かなと思っていたら、「君、日本ハムを出るそうだね」と聞かれ、「はい、取ってくれるチームを探しています」と。「巨人はどうか」と続けられ「それはもう小さいころからあこがれているチームですし、取っていただけるならありがたいです」と答えると、ヒザをポンとたたいて「よし、決まった」と。そして、「シゲオちゃん、決まったよ」と隣の部屋へ向かって声をかけると、長嶋さんがドアを開けて「おっ、しばらくだな」とニッコリ笑っていたんです(笑)。

 そして、大変申し訳ない思いで、吉田さんにお断りの電話をしたのですが、このときの言葉は一生忘れません。「東京やし、良かったやないか。頑張りや」と。涙を流しながら「ありがとうございます」と、巨人へお世話になることをお伝えしました。

巨人で学んだ「姿勢」

 長嶋が引退し、四番・王貞治への負担が大きくなっていた巨人打線。そこにパ・リーグ屈指の巧打者・張本が加入したことで、76年、長嶋巨人はV1を達成する。張本自身も13年ぶりに全試合に出場し、打率.355をマーク。入団時の「死に物狂いで頑張る」との言葉どおり、チームを優勝へ導いた。「巨人」というチームで4年間を過ごし、自らの野球観が変わっていくことを感じると同時に、自らの加入で押し出された高橋一三、富田勝に対しては、心苦しさがあったという。

 巨人へ加入し、私はもう一度自らの体を鍛え直しました。日本ハムではDHもあったし、少しずつ練習量が減り、体重も増えていた。しかし、巨人へ入り、ワンちゃん(=王)の練習を見て、「これではいかん」と。リーグも変わり、「なんだ、張本はこんなもんか」と思われたくなかったので、パ・リーグの選手の力を見せてやろうという気持ちはありましたよ。あとはとにかく、ワンちゃんに迷惑を掛けないようにだね。私が三番で出塁すれば、彼には大きいの(ホームラン)があるから。


▲巨人移籍後、張本は盟友・王の野球に対する姿勢を見て、再び猛練習に励んだ


 トレード後の最も大きな変化はプロとしての「姿勢」でした。ある夏の暑い日、前日に自打球を受けて、「今日はフル出場はできないな」というときがありました。すると、後楽園球場へ車で入る際、信号待ちで水筒を持った親子連れがいてね。「お父さん、今日、王さんホームラン打つかな? 張本さん、ヒット打つかな?」という会話が聞こえてきた。そこでハッとしました。「暑い中、遠い所から来た子どもたちは、自分が途中交代したら失望するだろう」と。ケガをしていることは遠目では分かりませんから。かつての自分だったら、「五体満足で出場しなければプロではない」と思っていました。しかし、「本当のプロ野球選手の姿」を、巨人に教えられた気がするのです。

 だからこそ、私のせいでトレードへ出された2人には申し訳ない気持ちがありました。巨人から移籍することは“都落ち”のような雰囲気があった。同じプロ球団でもそれだけ巨人は魅力があるんです。お客さんは入るし、伝統はあるし、強いし、給料も高い。高橋は生え抜きでV9にも大きく貢献していたからね。申し訳なかった。振り返って、私のトレードは両チーム、当該選手にとってプラスだったと言われますが、出された選手にとっては、プラスはあっても納得はなかったと思いますね。


▲長嶋巨人の王座奪回を託された張本は、王とクリーンアップを組み、76、77年のリーグ連覇に貢献した


盟友・王との絆

 4年間の在籍で2度リーグ優勝へ導いた張本だが、79年オフに再びトレードでロッテへ。史上初の3000安打を巨人で到達したかった願いは叶わず、“外様”として悲哀を味わうとともに、盟友の熱い思いに心を大きく動かされた。

 セ・リーグへ来て感じたことは、「野球巧者」であるということ。当時のパ・リーグは速いボール、球威で押す「重量級野球」だったので、非常に勉強になりました。選手自身も野球をよく知っているなと。トレードを経験したことで、精神面でもプレー面でも野球観が大きく変わった。私の人生の中でも大きな出来事だったと思います。

 巨人で優勝することができて、自分の仕事が果たせたという満足感はありました。巨人の後援会に「無名会」、いまで言う「燦燦会」のようなものがあり、そこでの集まりで会長の河野さん(文彦、三菱重工会長、当時)に「70(歳)以上になるけど、人を見誤ったことは初めてだよ」と頭を下げられましてね。トレード前に「張本は性格がかなりキツイようだ」と聞いていたようで、その言葉を聞いたときはうれしかったですね。

 ですから、何とか巨人で3000安打を打ちたかったのですが、これも外から来た選手のつらさというか、79年オフにトレードされることになりました。トレードが決まった後の納会で、正力オーナー(亨、当時)に呼ばれ、「君のことを考えてトレードに出したんだ」と言われました。すると、一緒に呼ばれていたワンちゃんが「張本のことを考えたら、どうしてトレードに出すんですか!」とオーナーへ食ってかかった。あの温厚なワンちゃんがですよ?


▲80年のロッテ移籍後、史上初の通算3000安打を達成。巨人からのトレード話が浮上した際、これに異論を唱えた王の言葉に張本は涙をこぼしたという


 彼は同級生で、ずっと切磋琢磨してやってきた。「ワンちゃん、もういいよ」と諌めたのですが、その言葉がうれしくて涙が出ましたね。

 トレードにはさまざまな思惑があるから、一概には「良い」、「悪い」を言えない。ただ、私にとっては巨人へのトレードが非常に大きな出来事だったことは間違いありません。



▲張本勲




▲高橋一三




▲富田勝


張本氏が斬る!ポスティングシステムの問題点

FA年数を短くすればいい!
 ようやくポスティングシステムに代わる新制度に合意しようとしていますが、私からすれば、選手に対してメジャーの球団が入札をして選手を獲得するという方法は「人身売買」のように映り、どうしても賛成できません。

 もちろん、育てた選手をタダで持っていかれたくない球団の考えも理解できなくはないですが、それよりも選手がフリーエージェント(FA)になる年数を短くすればいいのです。メジャーへ行く、自分が所属する球団を選ぶことは選手にとっての「権利」なので、現在の制度では、長過ぎるように感じます。

 また、選手たちも近年は「ドライ」な印象を受けます。球団に対する愛着というのが、昔と違う印象を受けますね。



PROFILE
はりもと・いさお●1940年6月19日生まれ。広島県出身。左投左打。松本商高から浪商高を経て、58年11月に東映入団。59年にルーキーながら「六番・左翼」で開幕戦に出場。そのままレギュラーに定着し、新人王を獲得。3年目の61年に首位打者を獲得し、翌62年にはリーグMVPに輝いた。打率3割以上を16度マークし、日本プロ野球唯一の3000安打を達成。巨人、ロッテを経て81年に現役引退。通算成績は2752試合、3085安打、504本塁打、1676打点、319盗塁、打率.319。


この記事に注目!


関連日記


広島巨人戦




バックナンバー



西武・平井克典 “挑戦心”をあらわにする26歳右腕/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

楽天・島内宏明外野手 大きな目標に向けて/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

オリックス・吉田正尚 悔しさ糧に“できることは全部やる”/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

ヤクルト・小川泰弘投手 投手陣をけん引する存在に/新年の誓い
オーロラビジョン
1970年1月号

西武・呉念庭内野手「台湾の旧正月は盛大です」/お正月
ロッカールーム
1970年1月号

もっと見る


プレミアムトップ
ページトップへ▲


お知らせ 利用規約
よくある質問

週刊ベースボールONLINE
マイチーム


ベースボール・マガジン社
(c)Net Dreamers
データ提供:NPB BIS

Find連携サイト
野球 サッカー ゴルフ 競馬
芸能 スポーツ総合 掲示板
全サイトでFindマイページがご利用可能